秋には「気管支喘息」に注意

みなさま。こんにちは。 なごみクリニック、院長の武井です。 9月になり、最高気温も30℃を超える真夏日も少なくなり、 夜には鈴虫の鳴き声が聞こえはじめ、秋の風を日々実感してきますね。 気温が下がり始め、1日の気温差が10℃となると、 この温度差・気圧差で気管支が過敏となり・・・ せき込み、ぜーぜー(喘鳴)、呼吸困難という症状がみられることがあります。 これが、気管支喘息の発…

続きを読む