ゾフルーザと薬剤耐性ウイルス

こんにちは。
インフルエンザは相変わらず猛威を振るっていますが、いかがお過ごしでしょうか。

1月25日の報道の通り、ゾフルーザを使用した患者様から、ゾフルーザの効果が低い
インフルエンザウイルスが分離されております。

ゾフルーザは、今シーズンから使用された薬剤ですが、
発売して1シーズンですでに耐性ウイルスが発生してしまう事態・・・

このことは、昨年の秋に、日本感染症学会から警鐘を鳴らしておりました。
インフルエンザA型では、ゾフルーザを使用した患者のうちの成人では1割、小児では2割から
こうした現象がみられるという報告があります。

基本的には解熱期間も従来の薬と同じであるので、従来からの薬(タミフル・リレンザ・イナビル)でよいかと思われます。