インフルエンザA型が警報レベルです

久しぶりの、そして今年初めての投稿になります。
投稿が滞ってしまい、申し訳ございません。

年末年始から、インフルエンザA型の流行がはじまり、先週では横浜市は警報レベルとなりました。
本年のA型インフルエンザは、12月は小児が多かったですが、年末ころから成人・高齢者の割合が
増加し始めました。

また、本年のA型は、2009年の「新型インフルエンザ(ブタゆらい)」が多く、
気管支喘息やCOPDなど呼吸器に持病がある方は、肺炎などで呼吸が短時間で悪くなるリスクがあります。

インフルエンザの薬は、発熱などの症状がみられて、48時間以内でないと効果は低いです。
発熱などの症状がみられて12-24時間くらいが、検査の精度としては高くなりますので、受診の目安としてください。

本年もよろしくお願いいたします。